自己破産より任意整理?返済条件変更で利息カットできるかも

自己破産より任意整理を選ぶ人のほうが多いそうです。借金の返済方法は色々ありますが、条件を変更して利息はカットして元金だけは返すということができるかも知れませんよ!

エストリーガルオフィス

自己破産と任意整理の違い

自己破産

「自己破産」は、裁判によって借金の支払いが不可能であることを認めてもらい、債務を帳消しにする手続きです。

借金はなくなりますが、その代わりに財産を手放さなければならない、手続き期間中には一部の職業・資格が制限される、といった大きなデメリットもあります。

自己破産を選んでいる方は年間7万人程度です。

任意整理

「任意整理」とは貸金業者と交渉して借金の減額を図る手続きです。

借金全額から利息部分をカットして、毎月の返済額借金を返済しやすくする手続きです。

借金自体(元本)は返すので後ろめたさがなく、またデメリットも少ないことから、年間200万人近くの方が選択されています。

 

どちらも債務整理の一種になりますが、このように大きな違いがあるんですね。

どちらを選ぶかはその人の置かれた状況次第ですが、利息が膨らんで大変だけど、元本はなんとか返済したいという場合は任意整理を選ぶことになるでしょう。

 

自己破産と任意整理 家族や会社にバレるのは自己破産

債務整理で気分的に大きな問題になるのは家族や会社にバレるかどうかではないでしょうか?

ここでも自己破産と任意整理では大きな違いがあります。

自己破産の場合、家族には必ずバレます

借金を免除してもらう代わりに資産を手放さなければいけなくなるわけですから。

一方の任意整理の場合は、家族にはバレにくいです。

こちらは利息をある程度カットするとは言え、元本は返済するので資産を手放さなくても済みます。

また、会社の場合は、自己破産でも任意整理でも注意すればバレる可能性は少ないですが、自己破産の場合は手続書類が必要だったりするので、そういうところでバレる可能性があります。

いずれにしても自己破産すると家族や会社に借金していたことがバレる可能性が高いということです。

自己破産と任意整理 家や車はどうなる?

債務整理をするとき、資産をどうするのかも大きな問題になります。

これも自己破産と任意整理では状況が全く異なります。

自己破産の場合は、借金がなくなるとは言うものの、基本的に価値があって売れるものは全部処分することになります。

家が売れるなら家、車が20万円以上で売れるなら車。

借金の返済に当てられるものはすべて対象になると考えたほうが良いでしょう。

一方、任意整理の場合は、利息は軽減するにしても元本は返済するわけですから、基本的に資産の処分はせずに済みます。

せっかくローンで購入した家や車を処分するのはツライもの。

そういう意味でも自己破産より任意整理を選ぶ人が多いようです。

自己破産と任意整理 保証人に迷惑がかかるのか?

借金をするときは通常保証人が必要ですが、場合によっては借金返済の最速よりもその保証人に迷惑をかけたくない、ということもあるでしょう。

これについても、自己破産と任意整理では対応が異なります。

自己破産では、連帯保証人に支払い義務が生じてしまい、最悪、連帯保証人も連鎖して自己破産することがあります。

しかし、任意整理であれば保証人に影響する債務は任意整理対象外にすることが出来るそうです。

 

自己破産も任意整理も債務整理の一種ではありますが、その対応は全く異なることがおわかりいただけたでしょうか。

自己破産は借金が無くなる、というところは強力な方法ですが、相当追い込まれているか、メンタルが強い人でなければ選びにくい方法です。

一方、任意整理は借金が無くなることはありませんが、利息の減額により返済計画が立てやすくなるし、資産を手放す必要もありません。

なによりも、借金を踏み倒したという罪悪感を持たなくて済むのがいい。

借金のために自己破産するか任意整理にするか悩んでいるならエストリーガルオフィスに相談してみて下さい。

 

▼▼相談は無料▼▼

エストリーガルオフィス